男性用のかつら、ウィッグに使用される毛髪の種類







【 かつらに使用する毛髪 】


男性用のかつらに使用する毛髪は、人工毛・人毛・ミックス毛です。


● 人工毛

人工毛は、アクリル・化繊・合成繊維など様々な毛髪があります。

コスプレ・ファッションウィッグは、安価に仕上げるため人工毛を使用します。

男性用かつらに使用する人工毛は、耐熱形状記憶毛になります。


耐熱形状記憶毛を単体で使用することは、ほぼありません。

基本的に人毛と混合して男性用かつらを仕上げます。

耐熱形状記憶毛は、自宅ケアやスタイリングの簡単さが良い点としてあげられます。


● 人毛

人毛は、元々は人の髪の毛ですが、毛髪自体を加工処理して衛生面や使い易さを維持しています。


人毛には、細いものから太いものまで種類があります。

人毛100%で仕上げるかつらは、仕上げの際のカットやスタイリング技術が重要になります。

見た目の質感が、自毛に近い為、自然さを重視する方におすすめできる毛髪です。

ムースやワックスを使用することで、自然感がより高まります。


● ミックス毛


ミックス毛は、人毛と耐熱形状記憶毛を希望の混合比率に混ぜ合わせた毛髪です。

ミックス毛は、人毛と人工毛の良い部分が活かされている為、幅広い年齢層の方から人気です。

取扱いもしやすく、バランス感のとれた男性用かつらの毛髪です。


ハイベルでは、基本的に人毛100%又はミックス毛の2種類にて男性用かつらを仕上げています。


● スタイリングについて

自毛と同じ感覚でドライヤー・ヘアアイロン・スタイリング剤を使用できます。

スタイリング技術には個人差がありますが、うまくセットすることでより高い自然さを得られます。


● 耐久性について

毛髪自体の耐久性は、使用方法により異なります。

毛髪は、摩擦に対して強度がありません。

シャンプー後のタオルドライ、就寝時の枕、ブラッシングなど使用する上での注意が必要になります。

毛髪は、何が耐久性があるということはなく、消耗の仕方を把握する必要があります。

人毛は、元々は他人の毛髪ですので、使用していくと毛髪の水分量が失われて硬さや退色が生じます。

耐熱形状記憶毛は、退色はありませんが、摩擦を起こすと毛が縮み強い癖のように見えます。

男性の場合は、女性と違い毛髪が綺麗すぎると不自然に見える為、消耗しているほうが自然に見えます。

消耗具合に応じてカラーリングやトリートメントで、ある程度の毛髪の回復・維持が可能です。

修理やリメイクで、かつら自体の毛髪を入れ替えたりも可能です。

毛髪自体の耐久性は人毛100%・ミックス毛どちらが良いということはありません。


仕上げるヘアスタイルや毛長・装着方法により毛髪の耐久年数に差が出るとお考えください。


● カラーについて

毛髪のカラーは、希望に沿った色味に仕上げることが可能です。

単色より何色かを混合すると自然なイメージに仕上がります。

人毛は、使用していくと紫外線・熱・シャンプー剤の影響で、徐々に色味が明るくなります。

人工毛は、色の変化が起きません。


色味が明るくなった際は、カラーリングをすると色味に戻ります。

白髪は、基本的に人工毛です。

毛髪カラーは、基本的に自毛の色味に合わせることが重要です。

色味にこだわりすぎると自毛とかつらの接合部分に段差が生じて不自然な仕上がりになります。

毛髪の特性を知ることで、自然なヘアスタイル作りが可能です。

かつらに使用する毛髪でお悩みの方は、お気軽にご相談ください。

 


















































来店予約 03A-5410A-2032

メール hi-belle@nifty.com

Copyright (C) Aoyama Private Beauty Salon Hi-belle All Right Reserved.