ヘアピース・ヘアウィッグに使用される毛髪について





【ヘアピース・ウィッグの毛髪 】 


毛髪の種類は、主に(人工毛)・(人毛)・(ミックス毛)に分かれています。





特徴を知ることで、自分にあった毛髪選びをすることが可能です。


● 人工毛

人工毛には、アクリル・化繊・合成繊維など様々な種類のものがあり特性が異なります。

ツヤが強くピカピカして不自然と言われますが、使用目的がファッションやコスプレなどに限れば安価に購入できます。

人工毛は、熱に対する強度がない為、専用のシャンプーを使用し、ドライヤーは使用できません。

あくまで絶対という訳ではありませんので、特性を理解すれば通常のシャンプーも使用でき、ドライヤーなども使用可能です。

人工毛の中には、耐熱形状記憶毛髪 というものがあります。

耐熱形状記憶毛は、ドライヤーやヘアアイロンを普通に使用することができ、取扱いが簡単な毛髪です。

耐熱形状記憶毛髪にも特許を取得していたり特徴の異なる様々な種類があります。

人工毛は、取扱いやすさが利点ですが、使い方によりピーリングという毛髪の縮毛(うねり)が生じます。

人工毛100%のヘアピースは、前髪用・着け毛・ファッションウィッグなど以外ではおすすめしません。



● 人毛

人毛は、他人の毛髪を買い付けて加工処理をしたものです。

人毛は、自毛と変わらない性質すが、一度切断されている毛髪の為、使用方法に注意が必要です。

自毛の場合は、体の内部から栄養を取りダメージの出やすい毛先は、カットしたりトリートメント処理などでケアしております。

ウィッグに使用する人毛は、毛が伸びるということはないので、使用方法により徐々に消耗します。

人毛は、紫外線・熱・摩擦などにより、毛の退色・枝毛・切れ毛・水分量の低下などが生じます。

水分量が低下した際は、毛髪が固くなり毛髪にまとまりがなくなり広がりやすくなります。

ドライヤー・ヘアアイロンは普通に使用でき、シャンプー・トリートメントは自毛に使用する物と同じものを使用できます。

人毛は、人工毛に比べると自宅での取扱いが難しい為、シャンプー方法や日常のスタイリング方法などに十分な注意が必要になります。

美容室でブローするのと自分でブローするのと違いがあるようにシャンプー後のスタイリング方法で毛髪の質感などにも変化が生じます。

人毛には、細いものから太いものまで様々で、加工処理の方法も同じという訳ではありません。

人毛は、見た目の質感や触り心地などで人気ですが、取り扱い方法によっては、毛絡みや短期間での消耗などが個々により生じるということを知っておく必要があります。



● ミックス毛

ウィッグに使用される毛髪では、一番バランスのとれた毛髪です。

ミックス毛は、人工毛(耐熱毛)と人毛を混合した毛髪ですが、混合比率により使い易さや見た目が大きく異なります。

ミックス毛を選択する方は、ショートヘアや取扱いに自信のない方、毛髪を綺麗に見せたい方に多いです。

耐熱形状記憶毛と人毛をミックスした場合は、特に使用制限もなく見た目にも不自然さはありません。

日常用としてウィッグを使用する場合は、人毛100%又は耐熱形状記憶毛ミックスがおすすめです。


ウィッグは、どの毛髪が一番良いということはありません。

どの毛髪でもカット方法やスタイリング方法で見た目の質感やツヤを変えることが可能です。

耐久年数・使い易さ・自然さなどを考慮して、自分に合った毛髪選びが重要です。

毛髪が良ければ自然という訳ではありません。

分け目の素材・密度・全体の毛量・ヘアスタイルなど様々な面でのバランスが重要です。


青山ハイベルでは、メリット・デメリットをわかりやすく案内します。





















































 









来店予約 03A-5410A-2032

メール hi-belle@nifty.com

Copyright (C) Aoyama Private Beauty Salon Hi-belle All Right Reserved.